バンドマンにオススメしたい最高のiPhoneレコーダー「Shure MV88」

バンドの練習音源を毎回録音

ぼくは大学からバンドをはじめ、

今まで数え切れないほどスタジオで練習してきました。

その中で

  1. 毎回バンドで制作した音源や練習した音源を録音
  2. 音源をDropboxやGoogle Driveなどのクラウドストレージにアップロードして複数のメンバーと共有

というルーチンがありました。

レコーダーから毎回PCに取り込んでアップロードするのが面倒

毎回スタジオの度に

  1. リニアPCMレコーダーで録音
  2. SDカードからPCへ音源取り込み
  3. クラウドストレージへアップロード

このワークフローが面倒くさかった。。

救世主となったスマホへ取り付け可能なレコーダー

そこで

  1. スマホで録音
  2. そのままクラウドにアップロード

このワークフローでできたら最高だなーと思ってリサーチした結果

見つけたのが「Shure MV88」でした。

「MV88」が最高な理由

正直、スマホのマイクで直接録音してというのもアリです。

最近のスマホはスタジオの爆音でもそれなりの音で録音可能です。

それでも、一手間かけて「Shure MV88」を使うのは

  • 圧倒的に高音質で録音可能
  • 指向性を選択できる
  • 単体で4 2gと軽量でかさばらない

この2点がスマホに勝るからです。

音に関して多くを語れる知識はないのですが、

そんなぼくの耳でも

Shure MV88」と「スマホの内蔵マイク」

では圧倒的に前者の方が良い音。

聴いていて楽しい音に感じます。

指向性をソフトウェアで自由に変更できる事も

様々な状況下に対応でき使い勝手がいいと感じています。

iPhone持ちのバンドマンにオススメです

というわけで

iPhone持ちのバンドマンは是非使ってみてください。

会議の録音やポッドキャストの収録にも使えるとても音質のいいマイクなので、

様々なシチュエーションで活躍できるはずです!

Shure MV88